Portugal 留学日誌。

ポルトガル・コインブラ大学に留学中の純ジャパ大学生が、ポルトガルの日常をつづっていきます。

ローテンブルグ観光 その1

ドブリーヴェチェル!(こんばんは)

こんな挨拶初めて聞きました 笑。Takuyaです。

チェコからブログをお届けします。

 

どうしても時間差はできてしまうのですが、

今日も観光の様子をお伝えしていこうと思います。

 

今日のブログでは、

おととい敢行したローテンブルグ観光の様子をお伝えします。

 

追記

本当はこのブログで最後まで書こうと思ったのですが、

いろいろな展開がありすぎたので、3本に分けます。

続きが気になる方は、明日以降のブログをご期待ください。

ただ、このブログもなるべく面白く仕上げますので、

どうかここから先もご覧くださいね☆

 

ローテンブルグ

こちらは、割と有名な都市ではないでしょうか。

ガイドブックにはほぼ確実に掲載されていますし、

ロマンティック街道の真ん中あたりにあるので、

街道の観光バスなどでも通るようです。

 

行く直前に聞いた話ですが、

ここは父母が新婚旅行で訪れた地であるとのこと。

今回は一人でしたが、親子で同じ土地を訪れるとは...

 

突然なんですが、

ドイツの電車、煩雑すぎやしませんか。

今回滞在したのがフランクフルトだったのですが、

「フランクフルト中央」(Frankfurt am main)を名乗る駅が、

なぜか東西南北にそれぞれあったのです...!

とてもよく似た名前の駅が近くにたくさんあるということで、

これでよく間違えないなぁ...と感心しながら観光していました。

 

で、今回のローテンブルグ観光。

のっけからアクシデントにアクシデントが重なりました。

 

前日にリサーチをしていて、これで行く予定だったんです。

f:id:teku2taku82:20160910042552p:plain

 

ホテルからシャトルバスが1時間おきに出ていたので、

ホテル7:20発のバスで出れば間に合うだろう

とタカをくくっていたのが間違えだったのです...

(通常なら、1時間で中央駅まで余裕でいけるんですよ!)

 

バスはしっかり空港に着いたのですが、

空港から中央駅までの電車がなかなかこない...

この区間は15分に1本しか電車がなく、

ちょうど発車したばかりのようでした。

 

そして、やってきた電車がすでに遅延。

さらに中央駅までに10分ほど遅延しやがったため、

中央駅に着いたのが8:19でした...

 

あっ、これは間に合わない

と悟ったそのときでした。

電光掲示板を見てみると、

「Delay... Approximately 20 minutes」

 

キター!乗れるじゃん!

ということで、ホームで待ちました。

そして電車がやってきます。

f:id:teku2taku82:20160910043308j:plain

流線型がかっこいいICEです。

ICEは、日本の新幹線のようなものです。

最高時速およそ300kmでした。

 

有料特急なので、

当然のように車内改札がやってきます。

安心して、お姉さんに切符を見せます。

ところが、お姉さんの様子が変です。

Mmmm...???

お姉さんの顔がゆがみ、そして一言。

Oh, this is the wrong train.

You have to get off the next station.

 

最初はなんのことかさっぱり理解できませんでした。

「え、だってさっき遅延してるって...(略)」

 

とりあえず、とっさに

「Which train should I take?」と聞き返します。

 

するとお姉さん、乗り換え案内を印刷してくれました。

もらった乗り換え案内によれば、

10:02に空港を発車することになっています。

しかしそのとき、時刻はまだ9:00前でした。

 

そう、

空港で1時間、暇を潰してくれ

と言われてしまったのです。ワオ。

 

暇つぶしにスマホをいじろうと思い、

とりあえず見つけたスタバのwifiを拾います。

f:id:teku2taku82:20160910043712j:plain

 

さすがに1時間立ちっぱなしもしんどいので、

別のカフェに向かいます。

f:id:teku2taku82:20160910043928j:plain

アップルパイとミルクコーヒー。

おいしかったです。コーヒーは苦かったけど 笑。

 

そして時は満ちました。ようやく正しいICEに乗れます。

f:id:teku2taku82:20160910043950j:plain

内装はこんな感じ。うしろに見えるのは食堂車です。

 

そして、乗り換え駅のヴュルツブルグが近づいてきます。

ここで僕は異変に気付きました。

乗り換えの電車は11:41ヴュルツブルグ発の予定でした。

乗っていたICEは11:25にヴュルツブルグ到着のはず。

しかし、11:30を過ぎても電車は動き続けています。

 

なんで遅延するんだヨォォォ!

すみません、このときは本当に発狂しかけていました 笑。

ヴュルツブルグ駅に着いたのは結局11:41ちょうど。

乗り換えるはずだった電車は、目の前で発車していきました。

 

そして次の電車は...と駅員さんに聞いたところ、

One hour later...

 

はぁぁ?どこの田舎ですか。

と言いたくなりました。

ただ、よくよく考えれば、

上信電鉄八高線と大差ありませんでした 笑。

 

ここは都心ではないから仕方ない、と諦め、

とりあえず抵抗せずに待つことにしました。

f:id:teku2taku82:20160910043933j:plain

これがヴュルツブルグ駅です。割と大きめな駅でした。

 

とりあえず1時間 時間を潰さなければ。

ということで、ヴュルツブルグを歩いてみました

 

ここからはその様子をお伝えしていきます...

と思ったのですが、長くなりすぎたので今日はここまで。

ヴュルツブルグの様子は、明日のブログでお伝えします。

 

では、おやすみなさい!

起きた皆さんは、お仕事頑張ってくださいね。

 

Takuya