読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Portugal 留学日誌。

ポルトガル・コインブラ大学に留学中の純ジャパ大学生が、ポルトガルの日常をつづっていきます。

アヴェイロ観光 その1

どうも、Takuyaです。

遅くなってしまいすみません 汗

 

お待たせいたしました。

僕の体調を見事に崩してくれた、

アヴェイロ観光の様子をお伝えいたします。

 

まず、アヴェイロと聞いても、

「どこそれ?」と言う方がほとんどではないでしょうか。

まぁ、本国の場所すらイマイチ認識されていないくらいですから、

首都でもない都市の名前を知っている方は少数かと思います。

 

さて、説明いたしますと...

アヴェイロ Aveiro

ポルトガルの中央部(Centro)にある都市で、

コインブラからアクセスする場合、

海の方に向かって電車で1時間ほどで着きます。

運河(Canal)を中心に発展した都市なので、

ポルトガルのベニス」などと呼ばれることもあるそう。

現在は運河の観光を中心に、発展している小さな街です。

 

と、文字の説明だとイマイチ伝わらなそうなので...

早速、歩いて様子を見てみましょう。

 

まず、駅を降りるとなぜか牛さんが。

f:id:teku2taku82:20161001003156j:plain

詳細はよく知りませんが、昔大切にされてたとか...?

 

と、ここで出口を間違えたことに気づきます(何度目...)。

 

反対側の出口を出ると...

f:id:teku2taku82:20161001003238j:plain

はい、きました!

わけのわからない銅像

いつ・どこの(おそらくポルトガル)・だれが・なんの目的で 

設置したのか一切理解できない銅像でしたが、

僕、こういうの大好きなんです...笑!

 

で、この銅像の向かいにあるのが、

f:id:teku2taku82:20161001003152j:plain

アヴェイロ旧駅舎です。

壁面を彩るアズレージョ(青いタイル彫刻)が美しい駅舎でした。

中には入れません。

 

そして、通りを歩くこと20分。

足元には海の生き物たちや

f:id:teku2taku82:20161001003150j:plain

f:id:teku2taku82:20161001003241j:plain

(ちなみに僕はカニアレルギーです。見るのは平気ですが 笑)

 

海の乗り物が。

f:id:teku2taku82:20161001003147j:plain

 

 と、ここでまたまた、

銅像発見!!!

f:id:teku2taku82:20160929181535j:plain

昨日のブログで一足先にあげてしまいましたが、

このよくわからないシュールさがたまりません!

友人と2人、ここで10分ほど記念撮影をしてしまいました 笑

 

...しっかし、なんなんだろうこの銅像...

 

さらに進んでいくと、こんな看板が見えてきます。

f:id:teku2taku82:20161001003154j:plain

 

OVOS MOLES DE AVEIRO

「オーヴォシュ・モーレシュ」という名前のお菓子です。

ovoは「たまご」を意味する単語であることからわかるように、

これは、たまごの形をしたあまーいお菓子です。

f:id:teku2taku82:20161001004314j:plain

ピンの写真を用意しておくのを忘れておりました...

右の白い方が、オーヴォシュ・モーレシュです。

(左は「栗castanho」に似せたお菓子だそう)

 

中身はこんな感じ。

f:id:teku2taku82:20161001003235j:plain

この黄色いのがめちゃめちゃ甘いです。

 

少し休息を取ったあと、もう少し歩いていくと...

f:id:teku2taku82:20161001003236j:plain

運河に到着しました!

 

ということで、今日はここまで!

運河での様子は後日お伝えします〜!

 

おやすみなさい!

 

Takuya