Portugal 留学日誌。

ポルトガル・コインブラ大学に留学中の純ジャパ大学生が、ポルトガルの日常をつづっていきます。

ポルトガルでの授業紹介〜その3〜

★★ ☆☆☆☆☆☆

 

こんにちは、Takuyaです。

 

まずは昨日のブログの続きからです。

昨日のブログがまだの方はこちらからどうぞ。

taku-portugal.hatenablog.com

 

まずは、このブログ↑の中で書いた、

ポル語の文法問題の答えからどうぞ。

解いた方がどれくらいいらっしゃるかわかりませんが...

 

Ela gosta(muito)de viajar de avião, mas os bilhetes são(muito)caros;

por isso, dentro da Europa, ela faz(muitas)viagens de comboio e economiza

muito)dinheiro. Às vezes demora(muitas)horas a chegar ao destino e fica

muito)cansada, mas o dinheiro que poupa faz com que se sinta(muito)bem.

 

クラスの様子を見ていると、

2番目の( )が間違えやすいんじゃないかなと思います。

名詞に係るmuitoは活用する(variável)のに対し、

形容詞に係るmuitoは活用しない(invariável)点がポイントです。

3〜5番目の( )のmuitoは名詞に係っていて、

viagensは女性名詞viagemの複数形、

horasも女性名詞horaの複数形なので、muitasとなるわけです。

 

...この感じでお分かりかもしれませんが、

僕は文法の学習が、大好きです!

中学や高校で学んだ英文法の授業も、

大学で学んだポルトガル語文法の授業も、

アルバイトでやっていた英語の文法の解説授業も、

全部大好きでした 笑

 

おっと、だいぶ話が逸れてしまいました。

昨日に引き続き、授業紹介をしていきます。

 

Comunicação Oral

「オーラルコミュニケーション(口頭会話)」の科目です。

めちゃめちゃ狭い部屋で授業がおこなわれます。

 

ペアを作って会話をしたり、

CDでの会話を聞いて質問に答えたりもしますが、

最終的にはプレゼンテーションをしなければいけないそう。

(先生により内容が異なる模様)

 

僕個人としてはプレゼンは割と得意というか好きなので、

こういう科目は全然welcomeなのですが、

やはり少しは緊張してしまいます。

 

ちなみに、昨日のブログでご紹介したEstruturaの授業でも、

「日本文化の紹介」をしなければいけないそうで...

準備が大変そうです...汗

 

写真が何もないので、昨年夏に出かけた京都の写真でも。

f:id:teku2taku82:20161009181938j:plain

あぁ、懐かしい...

 

【ひとことポルトガル語紹介】

ごうくんのブログを参考にさせてもらいたいと思います。

日常会話表現・語彙を少しだけご紹介します。

(毎日やるかどうかはわかりません)

 

今日はこちら。

saudade(サウダーデ) 「懐かしさ / 郷愁」

ポルトガル語でしか表現できない」と言われる感情。

故郷に対する寂しさ、大好きな人や物を失った悲しさなど、

複雑な気持ちをひっくるめた言葉がsaudadeだそうです。

僕はまだ日本へのsaudadeは感じておりません 笑

 

授業紹介はあと水曜のEscritoだけとなりました。

なんとなく、おわかりいただけたでしょうか...?

(ご要望などあれば、コメントいただけますと幸いです)

 

では、まずはこんなところで。

 

Takuya