Portugal 留学日誌。

「ポルトガル大好き」なTakuyaが、《ポルトガルでの思い出》や《日本での日常生活》について書いています。2016-17 Coimbra

留学準備日記その1「留学に必要な書類は?」

★★★★★ ☆☆☆☆☆

 

ポルトガルは、日本より寒い

と、留学前に読んだガイドブックに書いてありました。

 

ところが現実は暖かい、どころか暑いという感じで、

11月に入っても半袖を着ている人が普通にいたほどです。

「なんだ、暑いじゃん」と思っていたら、

3日くらい前から、急に、めちゃめちゃ寒くなりました。

本当に急すぎてびっくりですが、

すでにコートなしでは風邪をひきそうなレベルで寒いです。

母親からの荷物(冬物とコート含む)が、

11月に入る前に届いていて本当に良かったと思いました...

このあと、ヒーターと手袋とニット帽を買ってきます...

 

この調子でいったら、12月はどうなってしまうんでしょうか...

夏よりは冬の方が好きですが、これは不安です。

 

ちなみにポルトガル、すでにクリスマスの雰囲気です。

ということで、クリスマス商戦も盛り上がっているよう。

f:id:teku2taku82:20161108063833j:plain

ショッピングセンターに出かけた僕の友人が、

クリスマスプレゼント用の商品の写真を撮ってきてくれました。

ん...?「赤ちゃん」なんだろうけど、何これ...?

f:id:teku2taku82:20161108063839j:plain

誰が買うんだろう...笑 と思ってしまいます。8ユーロの赤ちゃん...笑

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

おはようございます。Takuyaです。

お待たせいたしました。いよいよ、例のアレを始めます。

 

ここまでいただいているコメントを見させていただいていると、

これからポルトガル留学を検討されている方も多いようです。

ポルトガルが大好きな人間としては、嬉しい限りです。

 

せっかくですので、共有できることは共有させていただきます。

僕の記事が、多少でもお役に立てればと思います。

覚えている限り、なるべく詳細に記述していきます。

 

とりあえず、初回の今日は、留学準備の流れをご紹介します。

なお、原則として休学留学についての内容となります。

交換留学はだいぶ流れが違うらしいので、ご注意ください。

 

簡単に流れをご説明しますと、

 1 パスポートを用意する

 2 ビザを申請する

 3 出国準備をする

 4 現地で生活する

(5 ビザを延長する)

という感じです。

ただし、「2 ビザを申請する」のが、ひっじょ〜うに面倒です。

僕は5月くらいから準備を始めていたのでゆったりでしたが、

あまりギリギリに始めると、ビザが間に合わないなんてこともあるそう...

現にビザ申請が遅かったために、

授業開始時に渡航できなかったという友人もいます。

 

書類一つ一つについて詳細に記述していきたいと思いますが、

ビザを発行するにあたり、必要な書類はこれくらいあります。

 

なお、留学の場合に必要になるビザは、

E6 ポルトガルに特別の理由で3ヶ月以上滞在の場合」です。

  ↑リンクをクリックしていただくと、PDFファイルに飛びます。

別のビザにしようとすると異常に時間がかかるそうなので、

お間違えのないようご注意ください。

 

で、このE6のビザを発行するのに必要になる書類がこちら。

※わかりやすいように、先ほどのリンクに合わせて書いていきます。

a 申請書

b 査証申請・・・3ヶ月以上の有効期限を残す旅券

   および・・・コピー1部

c 写真1枚(3cm×4cm)

d 往復のチケット予約証明書

e ポルトガル滞在中の・・・有効保険証明書

f SEFによる・・・要請書

g 国籍を・・・無犯罪証明書・・・

   アポスティーユ証明(注1)が必要。

h ポルトガル滞在を可能とする経済状況を・・・  

  (金融機関の英文残高証明書あるいは・・・)

i 滞在目的である入学許可を含む、

  ポルトガル教育機関が発行した証明書

j 高等教育機関による・・・

 あるいはポルトガル滞在状況が保証された書類

k 在学証明書

l 日本国籍以外の方

  →僕自身が把握できていないので今回はスルーさせてください

m 申請者が・・・宣言書

 

赤字になっている書類は、

ウルトラ面倒くさい、というより、

急いでやらないと留学に支障をきたす書類です。

これらの書類は本当に最優先で準備しましょう。

動くのは早め早めの方がいいです。

 

青字になっている書類は、

日本で発行できるけど、少し時間がかかる書類です。

 

赤字の書類が面倒な理由は簡単で、dの書類以外は、

ポルトガルと直接やり取りをしないといけない書類だからです。

 

☆準備した順序(僕の場合)

全部書くと面倒なので、赤字青字のもののみ書いていきます。

 

d 往復のチケット予約証明書

    ↓

h ポルトガル滞在を可能とする経済状況を・・・  

  (金融機関の英文残高証明書あるいは・・・)

    ↓

i 滞在目的である入学許可を含む、

  ポルトガル教育機関が発行した証明書

    ↓

j 高等教育機関による・・・

 あるいはポルトガル滞在状況が保証された書類

    ↓

g 国籍を・・・無犯罪証明書・・・

   アポスティーユ証明(注1)が必要。

 

これらの詳細については、次のブログから記述していきます。

ちなみに、自慢ではありませんが、

僕はかなり順調に書類を準備できました。

大学のカウンセラーさんに相談しながら進めていましたが、

さすが!」と毎回褒められるくらいには準備をしていました 笑。

 

書類準備には、とにかく根気が必要です。

本ブログの投稿が、少しでもお役に立てればと思っています。

留学に来てくださる方がいることを、楽しみにしています。

 

長くなってしまいました。今日はここまで!Até amanhã!

 

Takuya