Portugal 留学日誌。

ポルトガル・コインブラ大学に留学中の純ジャパ大学生が、ポルトガルの日常をつづっていきます。

試験前のひと笑い。

  ★★  ☆☆

 

どうも、Takuyaです。

前書きのつもりで書いていた記事が長くなってしまったので、

これで記事にしてしまいます。結構 自分の中ではツボです。

 

ずっとアルバイトをしていたせいなのか、

普段から「襟のあるシャツ」を好んで着用することが多いです。

ピシッと決まるのと、案外ラクなのがいいんですよね。

 

しばらく前からときどきブログに登場している、

 ・ブサコの相方

 ・「料理やったことないけど自信がある」系男子

 ・元スタバ店員(自称)

 ・元競技ダンス部の◯態

は同一人物で、同じクラスにいるかなり仲の良い男子なのですが、

彼と僕、服のセンスが結構似ているんです。

 

まぁ、「百聞は一見にしかず」ですよね。

では、今日何が起こったのか、ご覧ください。

まず、昨日の僕の洋服がこちら。 

f:id:teku2taku82:20170117044600j:plain

ストライプのYシャツに、黒いセーターというシンプルなスタイルです。

(なんだかんだ言って、選ぶのがラクなYシャツに落ち着いてしまいます)

 

そして元スタバ店員(自称)の昨日の洋服がこちら。

(※プライバシー保護のため、向かいから撮った写真をトリミングしています)

f:id:teku2taku82:20170117045034j:plain

 

え 、 完 全 に 一 致...

 

11:45開始の試験に備え、11:00にカフェ集合にしていたのですが、

自分が上着を脱いで彼を見た瞬間、これに気づいてしまい爆笑。

それに気づいた彼も、僕の方を見て笑っていました。

 

「わざと」ではなく、「偶然」なのがすごいところです 笑

これが噂の双子コーデってやつですかね(違う)

 

前からちょくちょく似た服を着ていることはあったのですが、

ここまで見事に被ったことはそんなになかったので びっくりです。

しかも偶然にもそれが試験の日だったところも笑えます。

 

夏になれば、今より多少は被らなくなるかなぁ...笑

 

◆ひとことPortuguês(ポルトガル語)◆

一応このコーナーはまだ死んでいないはずなので...笑

今日、なぜか覚えた表現をいくつかご紹介します。

・「階段をおりる

  descer または ir para baixo

  ir para baixo(←前から知っていた)の方が簡単ですよね。

 

・「送迎してもらう

  dar boléia

  boléiaは「ヒッチハイク」という意味で使うことが多いです。

 

・「温泉

  termas de Caldas da Saúde / águas termais

  「テルマエ・ロマエ」の「テルマエ」と語源は一緒なのかな...?

 

・「社交ダン

  dança de salão

 

ではでは、こんな感じで。また明日。Até amanhã!

 

Takuya