Portugal 留学日誌。

「ポルトガル大好き」なTakuyaが、《ポルトガルでの思い出》や《日本での日常生活》について書いています。2016-17 Coimbra

出発前の短いブログ。

  ★★  ☆☆☆☆☆☆☆☆

 

いよいよマデイラ島(Ilha da Madeira)に向けて出発です。

 

ルームメイトにこのことを話したところ、

別のルームメイトもマデイラ島にいることが発覚しました 笑

もしかしたら会うのかも...?と思うと嬉しいようなドキドキするような...笑

 

おはようございます、Takuyaです。

少し早めのブログ更新です。

 

今日は今日でいろいろなことがあったのですが、

ルームメイトと久しぶりに会話できたのが楽しかったです。

 

 法学部のテストが合格者がほとんどいないという話

 サラザールがかつてコインブラ大学で教授をしていたという話

 finançasと言っていたので、「財政学」の先生なのかな...?

 日本人が「名誉」を重んじるのは本当かという話

 日本人が「無宗教」な人が多いという話

  ※ポルトガルはほとんどがカトリック教徒です

 

時間にしてはほんの数十分だったと思うのですが、

ポルトガル語onlyでの会話だったので、結構大変でした。

しかも、普段の会話で話すような内容でもないですからね...笑

やっぱり、ポルトガル人との会話が一番 力になるような気がします。

 

ただ、僕も感じたことであり、彼も言ってくれたのですが、

来たとき(9月)より、はるかに話せるようになった

というのは、間違いないと思います。

 

不思議なのは、単語の勉強をしているつもりがないのに、

「わからない」と感じる単語が減っていたこと。

 

日常的にポルトガル語を使っている中で、

気づかぬうちに語彙が増えていったのかもしれません。

 

ポルトガル語で日本の(深めの)話をする」という体験は、

実はこれまであまりなかった体験のような気がします。

 

「まだまだ話せるようになりたい」

「もっともっとポルトガルのことを知りたい」

と感じた、貴重な時間になりました。

 

何の関係もありませんが、

今日のお昼に食べたブラウニーです。美味しかったですよ!

Praça da Repúblicaの近くのCafé Angola、

あ、間違えました 笑。Café Moçambiqueのものです。

f:id:teku2taku82:20170123070817j:plain

 

◆ひとことPortuguês(ポルトガル語)◆

・「名誉」  honra

 

・「市民法」  código civil

 

・「憲法」  constituição

 

・「単位(成績)」に関係する表現

  diploma ディプロマ・修了証書

  cadeira  (先生が座る)椅子→転じて「その授業の単位」

  crédito   (学習量を測る基準としての)単位

 

ではでは、Até amanhã!

 

Takuya