読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Portugal 留学日誌。

ポルトガル・コインブラ大学に留学中の純ジャパ大学生が、ポルトガルの日常をつづっていきます。

マデイラ旅行記その1。「市場へ行ってみた」

《Madeira》マデイラ島

  ★★  

 

Yuta氏のブログ、どうでしたか?

taku-portugal.hatenablog.com

今後も数回出てもらうかもしれないので、ご期待ください 笑

ちなみに、普段僕は、彼を「ゆうちゃん」とか「ゆうたろう」とか呼んでいます 笑

 

例のブログをアップした直後、

「意外と文章を作るのが難しい」

あのブログ、実は1時間以上かけて執筆してくれました...笑

「普段のブログ記事は読みやすいんだね」

とお褒めの言葉をいただきました 笑

 

今後も頑張ります。まだまだです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

どうも、Takuyaです。

無事マデイラから帰ってきました。

 

マデイラ島では、トータル455枚撮影していました 笑

写真はたくさんあるので、頑張ってお伝えします。

 

無事マデイラ空港に到着し、

バス(aerobus)でラヴラドーレス市場に向かうことに。

f:id:teku2taku82:20170126212333j:plain

無事に到着しました。こちらがその市場です。

 

やはりポルトガルアズレージョも綺麗です。

f:id:teku2taku82:20170126212337j:plain

 

そしてマデイラ島ということで、

トロピカルフルーツがたくさん売られています。

f:id:teku2taku82:20170126212340j:plain

例えとして適切かはわかりませんが、

東京から沖縄旅行をしている感覚でしょうか...?南国です。

 

ちなみに、コートを着ていると暑すぎるくらいの暑さでした。

長袖シャツを腕まくりして、まだ少し暑いくらいという感じです。

(※一応北半球の国ですし、現在1月末でございます※)

 

そして市場の中で有名なのはこの風景ではないでしょうか。

f:id:teku2taku82:20170126212344j:plain

世界ふしぎ発見!」でサトウキビを吸っていた場所です。

カラフルなので、見ていて飽きません。

 

そして、魚の市場も併設されています。

f:id:teku2taku82:20170126212345j:plain

マデイラ特産の、「タチウオ(Espada)」です。

espadaは「刀」を意味するポルトガル語ですね。

この市場を見て、「タチウオを食べてみたい」と思いました。

 

伝統衣装に身を包んだ、花売りのおばあさん。

f:id:teku2taku82:20170126212351j:plain

地元の人も普通に利用する市場の風景が見られますね。

 

そして、山の方にある「モンテ」に向かいます。

f:id:teku2taku82:20170126213324j:plain

ロープウェーで20分ほど昇ります。

一緒に乗っていた子供が可愛かった...笑

 

昇っている途中です。

f:id:teku2taku82:20170126212356j:plain

 

着きました。目の前には海(大西洋)が広がります。

f:id:teku2taku82:20170126212402j:plain

 

本当はこのあと少しいろいろあるのですが、

一旦割愛して、メインをお伝えします。

モンテに来た目的、それは...

トボガン(Toboggan)!

なんだかわからない方は、こちらをご覧ください。

taku-portugal.hatenablog.com

 

列に並びます。けっこう人はいましたが、回転は早かったです。

これを、

f:id:teku2taku82:20170126212404j:plain

こうして(引っ張られる)、

f:id:teku2taku82:20170126213924j:plain

こう(押される)!

f:id:teku2taku82:20170126212411j:plain

※図らずもピントが車にあってしまっていました... 残念です...

 

3人で乗る場合、大きなトボガンがうしろからやってきます。

f:id:teku2taku82:20170126212418j:plain

f:id:teku2taku82:20170126212421j:plain

乗車中、けっこう壁すれすれのところを通ります。

 

乗車時間はおよそ10分?(「思ったよりは長い」という印象でした)

3人だとスピードは多少落ちますが、それでも楽しかったです!

 

ではでは、また明日、続きをお伝えします!

Até amanhã!

 

Takuya