Portugal 留学日誌。

「ポルトガル大好き」なTakuyaが、《ポルトガルでの思い出》や《日本での日常生活》について書いています。2016-17 Coimbra

カブラルさんの生まれた場所。

  ★★★  ☆☆☆☆☆☆

 

おととい、道を歩いていたら、

横断歩道のところに警察がいたんですね。

 

信号機を見たら赤信号だったので、

警察の前での信号無視はまずいと思って立ち止まりました。

 

ところが、警察の方からこんなことを言われました。

行っていいよ、来いよ〜

警察が信号無視を許可してくれる国、ポルトガル

素敵なんでしょうか...笑

 

 付近で検札をやっていたので、その影響かと思います。

 良い子の皆さんは、警察がいてもいなくても信号無視はしちゃダメですよ 笑

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

どうも、Takuyaです。

昨日の続きです。ベルモンテの様子をお伝えします。

 

ベルモンテ Belmonte

地球の歩き方には載っていませんが、

実は、ポルトガルの歴史上、重要な意味を持つ都市の1つです。

f:id:teku2taku82:20170131002344p:plain

「ブラジルがかつてポルトガルの植民地であった」

ということは、中学社会レベルの知識なのでご存知かとは思いますが、

実は、1500年にブラジルを「発見」したと言われているのが、

ペドロ・アルヴァレス・カブラル(Pedro Álvares Cabral)。

そして、ここベルモンテは、カブラルが生まれた場所なんですね。

 

コインブラから見ると、東側に位置する田舎町です。

宗教的な側面でいうと、かつてユダヤ人が住んでいたんだとか

街の中にもその名残は結構色濃く残っていて、

f:id:teku2taku82:20170131003033j:plain

あまりポルトガルらしくない派手な絵があったり

f:id:teku2taku82:20170131003037j:plain

こちらはユダヤ人の方のシナゴーグらしきものです。

周りの景色と比べると、色使いにだいぶ違和感があります。

 

ベルモンテでのツアーは、このお姉さんがガイドしてくださいました。

お姉さんと相合傘をしているのは、ツアー会社のおじさんです。

f:id:teku2taku82:20170131012514j:plain

今回のこのツアー、詳細はまた明日書きますが、

参加者のほとんどの方がブラジル人の方だったようなんですね。

ということで、当然英語によるガイドなどないわけで、

すべてポルトガル語でのガイドでした。頭は疲れましたが、楽しかった...笑

 

では、ベルモンテの街歩きの様子を少しお伝えします。

f:id:teku2taku82:20170131012521j:plain

どうですか?

f:id:teku2taku82:20170131012518j:plain

壁が白くないんですよ。花崗岩で造られているんだそう。

こういう田舎感、個人的にはすごく好きなんですよねぇ。たまらんです。

途中、ユダヤ教の十字架に関する話もあったのですが、写真撮り忘れた...

 

そして、

f:id:teku2taku82:20170131012525j:plain

彼が、Pedro Árvares Cabral(カブラル)さん。

ちなみに、名前の由来は「ヤギ(ポルトガル語でcabra)」なんだそう。

 

歴史をたどりながら、ベルモンテ城に向かいます。

f:id:teku2taku82:20170131012531j:plain

ポルトガルのお城って、どこも似た雰囲気な気がします...笑

この写真は加工していないのですが、霧がすごかったのをお分かりいただけるでしょうか...?

 

セウタ攻略に関する常設展をやっているよう。

f:id:teku2taku82:20170131012534j:plain

最初セウタがどこにあるかど忘れしていました 笑

地図を見ると、こんな感じ。アフリカのてっぺんですね。

f:id:teku2taku82:20170131012537j:plain

 

お城から街をパシャリ。やはり霧がすごい...

f:id:teku2taku82:20170131012543j:plain

5月に行く予定の「モンサント」に似た雰囲気を感じてしまいました。

 

さらに足を進めます。これまたいい写真(自画自賛)。

f:id:teku2taku82:20170131012544j:plain

 

しばらく歩き、街を1周してから、オリーブオイルの試食をしました。

オリーブオイルといえばアレンテージョ地方、と思っていたのですが、

ベルモンテのオリーブオイルもかなり有名なんだそうです。

f:id:teku2taku82:20170131012548j:plain

かわいい雰囲気の写真が撮れたので貼ってみます。

 

試食中はこんな感じ。かなりの方が買ってらっしゃいました。

5€くらいから売っていたような気がします。

f:id:teku2taku82:20170131012552j:plain

 

実家に持って帰る用のオリーブオイルを買うにはまだ早すぎるので、

今回は自分用、ということで、ジャムを購入しました。

f:id:teku2taku82:20170131030038j:plain

Maçã com Castanha(栗とりんごのジャム)

不思議な味がしたのですが、美味しかったので買ってしまいました。

ただ、お値段3€だったので、それほど高くもないと思います。

まだ開けていないので、近日中にパンに合わせて食べてみます!

 

ということで、街歩きはここまで。

このツアーのまとめはまた明日書きます!では、Até amanhã!

 

Takuya