読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Portugal 留学日誌。

ポルトガル・コインブラ大学に留学中の純ジャパ大学生が、ポルトガルの日常をつづっていきます。

お城でブログ、なう。

《Lisboa》リスボン

  ★★★★  ☆☆☆

 

突然ですが、

ブログを書くとき、

僕はどんな状態だと思いますか?

 

基本的には、

机にPCを置き、座った状態で書いています。

 

では今はどうしているかというと...

お城のベッドで寝そべりながら書いています。

現在、お城に宿泊中なのです 笑

これの詳細はあとで書きますが、

気になる方は「ポウザーダ」で検索してみてください。

 

昨日エストレモス(Estremoz)を観光し、

今はモンサラーシュ(Monsaraz)にいます。

アレンテージョ旅行もいよいよ大詰め。

最後の最後まで、楽しみたいです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

どうも、Takuyaです。

早速、ファドハウスの話をします。

 

ファドハウス(casa de fado)

すご〜く簡単な説明になってしまいますが、

ファドを聴きながら、食事ができる

 という場所です。

 

ファドの発祥地と言われるリスボンには、

このファドハウスがたくさんあります。

 

特に多いエリアは、以下の2箇所。

バイロアルト(Bairro Alto)

・アルファマ(Alfama)

いずれもリスボンの中では治安が悪いらしいので、

とくに女性だけで行かれる際などはご注意くださいね。

 

幸いなことに、

泊まったドミトリーがバイロアルトに近く、

徒歩圏内にファドハウスがありました。

 

ちなみに、

僕がポルトガルに関心を持ったきっかけは、

実はこのファドだったんです。

前にも書きましたが、

fadoという単語は「運命」を意味します。

運命」を歌うなんて、素敵じゃないですか。

できることなら、

将来的にファドを研究したいものです...

 

自分が今ポルトガルにいるのも、

何かの「ファド(運命)」があるのかな...?

なんて。

ちょっとかっこいいことを言ってみます 笑

 

話が逸れました。ごめんなさい。 

ドミトリーでオススメされたのは、

以下に紹介する2店舗でした。

 

①Café LUSO

  (ルーゾ)

www.cafeluso.pt

②Tasca do Chico

  (タスカ・ド・シコ)

※Chico=Franciscoさんの呼び名

www.tripadvisor.pt

 

Tripadviserで両方チェックしたのですが、

どちらがいいか判断できませんでした。

ただ、

LUSOの方が本格的」と聞いたので、

「せっかくなら、本物を見よう」と思い、

LUSOに行くことになりました。

 

以下、注意事項というか、いろいろです。

①開始時間がかなり遅い!

僕たちは、22:30からと言われていました。

(が、21:30入店時点で、すでに始まっていました)

ホテルが遠い場合などは、

結構大変になってしまう気がします。

 

②値段がかなり高い!

LUSOの場合ですが、

ミニマムチャージが27€でした。

(22:30以降は17€になるとか...?)

 

ただし、

食事代を27€以上」にすればよいので、

コンサートを見るよりはお得なのかも...?

まぁ、商売上手な人たちですから、

どう計算してもぴったり27€にはできないんですよね 笑

 

③いいお店を選ぼう!

f:id:teku2taku82:20170208014350j:plain

せっかくお金を払うのですから、

ちゃんとしたファドハウスを選びましょう。

LUSOは、ハイクオリティでした。

 

以下、写真でお伝えします。

お客さんは、韓国の方が多かったです。

日本の方もいらっしゃいました。

 

こちらが料理。これで16€取られます...

(友人が頼んでいた豆のスープ(11€)は、

 正直あまり美味しそうではなかったです...)

f:id:teku2taku82:20170208014329j:plain

デザートは、これで15€...(高い)

f:id:teku2taku82:20170208014532j:plain

写真ブレててごめんなさい。

 

最初は明るいのですが、

f:id:teku2taku82:20170208014533j:plain

休憩後にだんだんと照明が落ち、

ファドが始まる頃には暗くなります。

 

ファドはこんな感じ。

f:id:teku2taku82:20170208014515j:plain

ブレてしまっていますが、

うしろのギターももちろん生演奏です。

f:id:teku2taku82:20170208015903j:plain 個人的には、

このおじさんのファドが一番好きでした。

 

想定より高くついてしまったのですが、

素晴らしいファドを聴くことができました。

 

ファドはポルトガル無形文化遺産です。

(Património Mundial Imaterial da humanidade)

せっかくポルトガルに来たのに

伝統音楽のファドを聴かないなんて、

日本で和食を食べないのと同じです。

ちょっと違うような気はしますけどね 笑

 

まぁ、何はともあれ、実際に聴かないと、

なかなか雰囲気が掴めないと思います。

実は僕自身も、

これがファドを聴くのは初めての経験でした。

saudadeを生で感じられるファドを、

本場で聴けて本当に良かったと思っています。

ポルトガルにいらした際は、

ぜひファドを聴いてみてくださいね!

 

ではでは、Até amanhã!

 

♪ アイヤイヤ〜  アイヤイヤ〜 

Takuya