Portugal 留学日誌。

ポルトガル・コインブラ大学に留学中の純ジャパ大学生が、ポルトガルの日常をつづっていきます。

ナゲット割って父ちゃん。

  ★★★★★★★ ☆☆☆

 

そうそう。

スイスの少し残念なところとして、

「公共のフリーwifiが少ない」

というのがあるのですが...

カフェやレストランにはwifiがありますが、

駅などではスイスの電話番号の入力が必要で、

観光客は利用できないのです...

 

ジュネーヴ空港でwifiを拾おうとした際、

コインブラ大学のwifiが入ったんです。

何故なのかは未だにわかりません。

よくよく考えれば意味不明ですよね。

でもちゃんと使えたんですよ。不思議です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Takuyaです。おはようございます。

このブログが上がる頃には、

僕はアソーレス諸島にいるはずです。

 

すみません、

「いつまでベルンの話なんだよ」

とツッコみたい方もいると思いますが...

ベルンでいろいろなことがあったんですよ。

 

今回の宿泊先は、

ベルン バックパッカーズホテル グロッケ

www.booking.com

ホテルに泊まろうとしたのですが、

最安値が89€くらい(高すぎ)だったので、

今回はドミトリーに泊まることにしました。

 

で、このドミトリー、

偶然にも日本人がたくさんいたんです。

同じ部屋に、3人日本人がいました 笑

 

3人とも初めてのスイス旅行。

偶然3人とも大学生ではあったのですが、

それぞれ別の学年で完全に初対面でした。

お1人、先輩のお知り合いではありました...笑

世界は狭いなぁと感じた瞬間でした。

 

ただ、物価が高いスイスなので、

夕飯を一緒に作れば安くなるだろう

ということで意気投合し、

簡単にクッキングをすることになりました。

 

何故かスーパーで、

日清の麺類が売っていたんですよ。

この日の夕飯はコレに決定しました。

f:id:teku2taku82:20170306174850j:plain

1つ1.2CHFでした。(これは安い)

f:id:teku2taku82:20170306174759j:plain

完成形がこちら(茶色い方)。

個人的には赤い方が好きでした。

ただ、ソーセージもgoodでしたし、

いい感じの夕飯になりました。

 

夕飯を食べ終わったところで、

外がとんでもなくうるさかったので、

ちょっと出てみることにしました。

f:id:teku2taku82:20170306180048j:plain

...なるほど。

完全にクラブじゃねえか 笑

という状態でした。

すごい盛り上がりだったと思います。

 

メインストリートへと向かいました。

f:id:teku2taku82:20170306175456j:plain

そこで演奏を聴いていたのですが、

何やら聴き覚えがあったんです。 

 

あ...!

ナゲット割って父ちゃん!!

だと気付いてしまいました 笑

一人で爆笑が止まりませんでした。

www.youtube.com

この演奏の音源もあります。

気になる子がいたら声かけてネ〜

 

また別のグループです。

f:id:teku2taku82:20170306174836j:plain

 すごい人だかりです。

f:id:teku2taku82:20170306174845j:plain

 例のトイレの乗り物。

f:id:teku2taku82:20170306174925j:plain

めちゃめちゃ距離が近いです。

f:id:teku2taku82:20170306174945j:plain

大きな広場に到着しました。

f:id:teku2taku82:20170306175022j:plain

 

 

何かのキャラクターかな?

f:id:teku2taku82:20170306174953j:plain

 

そして!

クッキーモンスターです。

そうです、 僕のお友達(適当)。

f:id:teku2taku82:20170306175030j:plain

改めて、お誕生日おめでとう 笑

 

ホテルの前にて。

f:id:teku2taku82:20170306175046j:plain

 

カオスな雰囲気はおわかりいただけましたか。

ポルトガル(ラテン系)とは違った、

面白いお祭りが見られたような気がします。

 

偶然のカーニバルではありましたが、

見られて良かったなぁというところでした。

 

明日のブログからは、

最後の目的地ローザンヌへと向かいます。

 

ではでは、Até amanhã!

 

 

お読みくださりありがとうございました。

Takuya