Portugal 留学日誌。

「ポルトガル大好き」なTakuyaが、《ポルトガルでの思い出》や《日本での日常生活》について書いています。2016-17 Coimbra

大陸の終わり。

どうも、Takuyaです。

そろそろ僕も東京暮らしに戻ります。

 

アルガルヴェツアー3日目(最終日)は、

僕にとって最後のポルトガル滞在日でした。

そんな僕が「最後」に選んだ景色は、

ユーラシア大陸の「最西南端」にあたる、

サグレス要塞とサン・ヴィセンテ岬です。

 

ここは沢木耕太郎の「深夜特急」の中で、

主人公が「旅の終わり」を決断した場所。

重要な場所として描かれているそうです。

Amazon CAPTCHA

この本、お金が貯まったら読んでみたいな...

個人的には、すぐにハマれそうな予感がします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

前置きが長くなりましたが、

さっそく写真をご覧ください!どうぞ!

 

こちらが

Costa Vicentinaだそう。

すごい断崖絶壁でした...

f:id:teku2taku82:20170705083352j:plain

 

最果て感がすごい1枚です。

この海を渡ったらアメリカに着きます。

f:id:teku2taku82:20170705083405j:plain

 

しばらく歩くと灯台があります。

O fim do Mundo(世界の終わり)

という表現が最適な場所でした。

f:id:teku2taku82:20170705084542j:plain

 

そして、これまた崖です。美しい...

f:id:teku2taku82:20170705083404j:plain

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ここからサグレス要塞の様子です。

ポル語だとFortaleza de Sagresですね。

ちなみにですが、

ビールのサグレスとは何の関係もないそうです 笑

 

要塞っぽい1枚。

f:id:teku2taku82:20170705084533j:plain

敵を監視する穴がついています。

 

さらに歩くと...

f:id:teku2taku82:20170705083408j:plain

灯台が見られます。

f:id:teku2taku82:20170705085128j:plain

うん、最果て感がすごい...

最後にこれが見られてよかったです。

よくここまで来たなぁ...という感じ。

 

もちろん 海岸線も美しかったです。

f:id:teku2taku82:20170705084526j:plain

ドッチモスキ。

f:id:teku2taku82:20170705084529j:plain

 

ここにもビーチがありました。

f:id:teku2taku82:20170705084536j:plain

波がきれいに撮影できました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最後はアルガルヴェではないのですが...

Vila Nova de Milfonte

というところです(知らないですよね...)

f:id:teku2taku82:20170705084539j:plain

リスボンの近くにある場所で、

川と海が交わる場所なんだそうです。

中央の色が変わっているあたりから、

川から海になるんじゃないかと思います。

 

ということで、

駆け足で全日程をお届けしました〜!

お楽しみいただけましたでしょうか。

美しい景色を楽しんでいただけていたら、

僕としてはうれしい限りです。

 

とにかくアルガルヴェはオススメなので、

夏にポルトガルに行く!」という方は、

行かれると最高に楽しいと思います。

行ける(せっかく夏にポルトガルにいる)のに

アルガルヴェに行かないなんて、もったいない!

というくらい、個人的には大好きな場所です。

 

ゴリ押しが激しかったですね 笑

でも個人的には本当にオススメですので、

それだけ伝わっていれば幸いです。

 

ではでは、今日はこんなところで。

 

お読みくださりありがとうございました。

Takuya