Portugal 留学日誌。

「ポルトガル大好き」なTakuyaが、《ポルトガルでの思い出》や《日本での日常生活》について書いています。2016-17 Coimbra

いざ、Amiaisへ!

★★★★★★★ ☆☆☆☆

 

土曜日の朝の出来事です。

目覚めた瞬間、首に激痛が走りました。

 

そう、寝違えたのです。

 

このブログを書いている今も、めちゃめちゃ痛いです。

湿布を貼ってもバンテリンを塗っても、

イマイチ効果が得られません。とても痛くて辛い...

 

早く治ってほしいものです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Takuyaです。おはようございます。

昨日は予告通り、aldeia(村)に出向いてきました。

 

まずは今回の旅程からさせていただきますね!

 

◆旅行計画

08:40 コインブラA駅からバスに乗車

 ↓

10:05 セルピンス(Serpins)に到着

 ↓ 歩いて約30分 or タクシーで5分

???  アミアイス(Amiais)に到着+観光

 ↓ 歩いて約30分 or タクシーで5分

12:50 セルピンスからバスに乗車

 ↓

13:08 ロウザン(Lousã)に到着+観光

 ↓

16:48 ロウザンからバスに乗車

 ↓

17:55 コインブラA駅に到着

 

文字ばかりになってしまいましたが、

1日で2つの村(aldeia)を訪れる

という、なかなかな強行プランになっております。

 

Google mapで経路を描いてみるとこんな感じ。

f:id:teku2taku82:20161127063532p:plain

総移動距離およそ70kmという、なかなかな長さの旅です。

 

今回の移動手段はバス(autocarro)

f:id:teku2taku82:20161128051750j:plain

もともとセルピンスまでは電車があったそうなのですが、

しばらく前に廃線になってしまったとのことです。

その名残と思われる、古い駅舎が家の近くにあります。

こちらに関してはあとで写真を撮ってきますね!

 

ちなみに、しっかりとした観光バスですが、

学生の場合はセルピンスまで片道2.5ユーロでいけます!

もともと3.8ユーロだと聞いていたので、安くてびっくりでした。

ポルトガルは電車よりバスが発達しているので、

都市間の移動でも、バスを使った方が良い場面が多々あります。

 

田舎に行く場合は、もはや電車が通っていない方が多いです。

ポルトガルに来たらバス移動が原則」くらいに考えておくと、

気が楽になるんじゃないかと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回の目的地は、アミアイス(Amiais)とロウザン(Lousã)。

どちらもガイドブックには載っていない都市です。

 

それぞれの田舎の詳細については、明日以降のブログでご紹介します。

 

移動中の風景をどうぞ。

f:id:teku2taku82:20161128051805j:plain

セルピンス到着前のバスの中。

ロウザンでほとんどの方が降りてしまい、

セルピンスまで乗っていたのは僕とおばあさんの2人だけでした 笑

 

急いでカメラを出したのでブレてしまいました...

羊が普通に放牧されているほどの田舎です。ナニコレ面白い。

f:id:teku2taku82:20161128051809j:plain

 

セルピンス到着です!

とりあえず一言。

田舎すぎやしませんか!!!

f:id:teku2taku82:20161128051857j:plain

想像以上に何もなかったので、さすがに焦ります。

とりあえず行き方がわからないのでタクシーを呼び、待つことにしました。

 

続きはまた明日!Até amanhã!

 

Takuya