Portugal 留学日誌。

ポルトガル・コインブラ大学に留学中の純ジャパ大学生が、ポルトガルの日常をつづっていきます。

ロウザン城から街へと戻る。

★★★★★★★ ☆☆☆☆☆☆☆

 

今週は火曜日(全休)と木曜日(祝日)が休みなので、

週の半分も学校に行っていない計算になるんですね...

 

12月に入りましたね。

「先生がせわしなく走る」月ということで、

旧暦から名前をとって「師走」と言うことも多いです。

 

ちなみに、月の異名の覚え方は、

 む・き・や・う・さ

 みな・ふみ・はづき

 なが・かんな

 しもつき・しわす

 これで一年

じゃないでしょうか笑。短歌調に読むと読みやすいですよ!

僕自身、この覚え方で覚えています。

見てる受験生の子がいるかはわかりませんが、参考までに。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

どうも、Такуяです。

え、何かおかしいって?ロシア語でTakuyaを書いてみただけです 笑

 

 ロウザン(Lousã)観光の最終編です。

 

行きはタクシーで4.5ユーロかけて登りましたが、

帰りは道を覚えていたので、自分で歩いて帰ることにしました。

f:id:teku2taku82:20161201232040j:plain

え、なんで帰ることにしたかって...?

そこに山道があったからです 笑

ちなみに、最初のブログでも書きましたが、

かなりの山道ですので、行き登るのはオススメしません!

 

これは完全に関係ない話なのですが、

帰り道に、山道を登ってくるおばさん方にお会いしました。

こういう場所での出会いも新鮮ですから、

帰りだけでも歩いてみるのはおもしろいと思いますよ 笑

 

ポルトガル人はみんなsimpáticoなので、大丈夫です。

 

このあたりだったかなぁ...?道に迷ったんです。

f:id:teku2taku82:20161201232053j:plain

 

とりあえず優しそうな老夫婦に話しかけ、正しい道を探りました。

 

無事に降りてきました。

f:id:teku2taku82:20161201232048j:plain

ただの街並みですが、味がある風景です。

オレンジや緑の縁取りは、あまり見られない気がします。

 

aldeias de xisto(泥板岩の村)という看板。

行ってみましたが、何もなかったので割愛させていただきます。

f:id:teku2taku82:20161201232051j:plain

 

こちらが旧市庁舎(Câmara Municipal)。

だいたいどこにもありますが、かなり大きな建物でした。

f:id:teku2taku82:20161201232052j:plain

 

このあとカフェで50分ほどの休憩を取り、

バスに乗ってコインブラに向かうことにしました。

f:id:teku2taku82:20161201232058j:plain

ロウザン(Lousã)にはバス停が2つあります。

(「ロウザン(Lousã)」と「ロウザンA(Lousça A)」という名前です)

お城に近いのはロウザンA(Lousã A)の方ですので、

観光に訪れる際は、ロウザンAで降りるのがよいかと思います。

 

この日、最後に撮影した写真。

"Aos heróis que por nós lutaram..."(あってるのかわかりませんが...)

f:id:teku2taku82:20161201232059j:plain

 

ということで、久々の一人旅は、自然に触れ合うツアーとなりました

コインブラにいる方を含め、ほとんど行かれることはないかと思いますが、

ロウザンの方は割とオススメできますので、よろしければどうぞ!

この日は移動(タクシー)と食費などをすべて含め、

40ユーロ程度で観光できました。

もうちょっと安く行ければ嬉しいですね...!

 

おまけ 猫(gato)さん。カメラ目線をくれました。

f:id:teku2taku82:20161201232107j:plain

 

Takuya