Portugal 留学日誌。

ポルトガル・コインブラ大学に留学中の純ジャパ大学生が、ポルトガルの日常をつづっていきます。

スペイン広場からこんにちは。

 ☆☆☆

 

お久しぶりです(3日ぶり?)。Takuyaです。

 

先ほど日本で地震があったと聞きました。

震源茨城県付近のみなさま、お気をつけください。

 

このタイミングでかなり書きたいことはあるのですが、

とりあえずヴェネツィアでやったことを簡単にご紹介します。

 

題して、

ヴェネツィアでのアクシデント ベスト3

です!

先に言っておきますが、現在は無事ローマのホテルに到着しています

その程度のアクシデントがあったということで、お察しください。

 

3 おじさんが英語話すのをやめた事件

昨日(27日 火曜日)の出来事です。

ヴェネツィア本島ではなく、ブラーノ島というところに行きました。

ちなみに、ブラーノ島はこんな感じです。(詳細は後日)

f:id:teku2taku82:20161229002039j:plain

カラフルな街並みで、とても好きになった街なのですが...

とあるトラットリア(レストラン)のメニューを見ていたときのこと。

おじさん「Hello, (以下略)」

ぼく「Hello, I am considering having lunch here, 

   but I want to know the price of these dishes.」

   (ランチここにしようかと思うんだけど、値段は?)

おじさん「The price is here...(メニューを見せる)」

ぼく(見る)

おじさん「...Parli italiano?(イタリア語話せる?)」

ぼく「...(ん?)」

おじさん「 عليه وسلمصلى الله عليه وسلمصلى الله عليه وسلمصلى」

 

確実にイタリア語だったんですが、僕はイタリア語話せません...笑

そしてなんで英語話すのやめちゃったの... というところでした。

 

言葉の壁を感じた瞬間でしたね 笑。通じるかどうかは人によるようです。

 

2 ヴァポレットが各駅停車になる事件

こちらも昨日(27日 火曜日)の出来事です。

これも同率1位になるくらいのヤバい事件でした 笑

ローマに移動する夜行バスが、ヴェネツィア23:00発だったのですが、

21:45頃にサンマルコ広場を出たヴァポレットが、

やたら駅に止まっていて、速度が遅かったんです。

 

※ヴァポレットとは?

 「水の都」ヴェネツィアの主な移動手段は船です。

 市民の足として用いられている水上バスのことをヴァポレットと呼びます。

 このゴンドラの奥に写っているのがヴァポレットです↓

f:id:teku2taku82:20161229002104j:plain

 

通常なら30分程度の距離を、なぜか1時間近くかけて進んでいました...

おかげで、バスには間に合ったもののかなりギリギリで...

安全運転を心がけてもらうのはありがたいんですが、

もう少し急いで欲しかったです... 友達と2人、本当に焦ってました...

 

1 ウォークマン行方不明事件

書いていて驚いてしまいましたが、これも昨日(27日 火曜日)の出来事です。

僕は目覚まし時計がわりにウォークマンを使用するのですが、

朝家を出る直前に机の下にこれを落としてしまい、

そのまま観光を始めてしまったんです。

(落としたことに気づいたのは、観光を始めた直後でした...)

f:id:teku2taku82:20161229003206j:plain

で、帰りがけにホテルに寄り、フロントのおばさんに話をしました。

ぼく「音楽プレーヤーとイヤホンを机の下に落としちゃったんだけど、

   探しに行かせてもらうことはできませんか?」

おばさん「もう次のお客さんが来てるので、部外者は入れられない。

     落とし物があればフロントに届くはずだが、それもない」

ぼく「え、そんなはずは...」

と、ここで諦めがつかなかったので、カバンを全て広げ、探しました。

しかし、やはりウォークマンは見当たりません。

 

ぼく「絶対に部屋にある。ローマに行かなきゃいけなくて、必要なんだけど...」

おばさん「だから無理だって言ってるでしょう?」

ぼく「そこをなんとか...」

なんとしつこい奴だと思われたこと、間違いなしです 笑

 

ぼく「諦めがつかない。もう1度ホテルに寄ってもいいか?」

おばさん「仕方ないわねえ。最後にダブルチェックしましょう」

(絶対ないことを証明してやる、という感じでした)

おばさん「(ノートを見る)...???!!!」

 

と、ここで形勢が逆転します。

落とし物の情報が書かれたノートに、

昨日・午前中に、僕が宿泊した部屋から、MP3 playerが届いていたんです!

まさしく、そのMP3 playerは、僕のウォークマンでした 笑

 

僕に落ち度があったのは認めますが、

フロントに届けなかったホテル従業員も悪いような気がしました。

と言いつつ、無事保管されていたので、本当に安心しました...

 

しかし、粘ってみるものですね...笑

 

長くなったので今日はここまで!またあとで〜!

 

Takuya