Portugal 留学日誌。

ポルトガル・コインブラ大学に留学中の純ジャパ大学生が、ポルトガルの日常をつづっていきます。

留学準備日記その2「航空券をGETせよ」

★★★★★ ☆☆☆☆☆☆

 

昨日のブログを見返してみたら、

ところどころ文字の大きさが違うことに気づきました。

昨日のブログはsafariではなくchromeで書いていたので、

それが原因かもしれませんね... 今日はsafariで書いています。

 

そういえば、僕の「相棒」のパソコンについて。

東京で一人暮らしをしていた頃、パソコンは2台持ちでした。

もともとは富士通のデスクトップ1台だったのですが、

サークルでadobeillustratorを使うというのと、

来年ポルトガルに持っていくからいいじゃん、と言い訳をしつつ、

親に内緒でmacbook proを購入してしまったのです 笑

 

で、そのmacbook proがこちら。

f:id:teku2taku82:20161108195055j:plain

 

お気付きの方はお気づきでしょう。

「色が違くない...?」

以前は「最新型のmacは白いんだ」と言って嘘をついていましたが 笑、

もちろんそんなわけはなく、もとはシルバーmacでした。

 

僕の場合、あえてmacにフィルムを貼ってもらっており、

少し色が違うものにしてあるのです。

ちなみに今貼ってあるフィルムは、白(サテンパールホワイト)です。

昨年は青いフィルム(サテンパーフェクトブルー)でした。

f:id:teku2taku82:20161108195432j:plain

 

このフィルムを貼ってくださる会社は、

macwraps」と検索していただけると、お分かりいただけます。

 

 

HPをご覧いただくとわかりますが、

元々は自動車の整備工場をやっていらっしゃった方が社長さんです。

(青いフィルムは、整備工場で貼ってもらった記憶があります)

 

ということで、質の高いフィルムで、高級感もあります

のり残りなく貼って剥がせる、というのも素晴らしいところです。

 

「社長さんの人柄に惹かれてお願いしている」というのもありますが、

素晴らしいサービスだと思っています。実際、オシャレになります。

宣伝になっているかわかりませんが、

macを持っていらっしゃる方、よろしければ是非。

 

ちなみに、富士通のデスクトップは、現在 母親の相棒になっているそうです 笑

 

画面を綺麗にしなきゃ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

おはようございます。Takuyaです。

今日はこの後テストがあるのですが、

この記事は前日に書き上げてあるので、問題なしです 笑

 

さてさて、「連載」企画、「留学準備日記」です。

1つ手前の記事はこれです。

taku-portugal.hatenablog.com

 

「留学準備、何から始める」のというところなのですが、

僕自身、まずはパスポートを得るところからスタートでした。

高2の5月に作ったパスポートがちょうど期限切れになるため、

5月までパスポートを申請できなかった、というのが辛かったです。

これに関しては運が悪かったというだけなのですが、

パスポートを持っていない方は、まずはそこからです。

 

とりあえずパスポートが手に入った体でスタートします。

まず一番最初にやるべきは、

「d 往復のチケット予約証明書」

をGETすることです。本当にこれは早めにやりましょう。

 

もちろんこのチケットは「飛行機のチケット」なのですが、

早いうちにやらないと、安い席がどんどん埋まっていってしまいます

エコノミークラスで(=安く)行きたいのであれば、

最低でも3ヶ月〜4ヶ月前には予約を完了させておくべきです。

 

そして1つ注意しなければいけないポイント。

「往復の」というところです。

しかし、飛行機のチケットは、半年先までしか予約できません

「じゃあ、1年間留学する場合、帰りはどうするのさ?」

というところなのですが、

「FIX OPEN」のチケットにする必要があります。

 

一般的に、飛行機のチケットは予約の変更ができませんが、

「FIX OPEN」にしておけば、現地で予約の変更ができます。

なので、間違えても「FIX」チケットにしないようご注意ください。

帰りの航空券代が無駄になってしまいます。

片道だけのチケットではビザが申請できないので、ダメです。

 

ここまでの情報を踏まえた上で、僕はHISで予約しました。

ちなみに、友人の多くはJALで予約をしていたそうです。

 

とりあえずふらりと国分寺駅前のHISに入り、

ポルトガルに留学に行きたいんですが〜」と相談しました。

そこでプランを探してもらうと、

「成田→フランクフルト→リスボン」ルートを提案されました。

 

それを聞いたときに、

「フランクフルト観光しちゃおう」というプランが頭をよぎり、

実際にドイツとチェコを一人旅することになったわけなのですが、

トランジットの空港で途中下車はしない方が良いです。

いろいろ面倒なのと、2万円追加でかかるそうですので...

 

で、「経由をフランクフルトにする」ことを母親と決め、

(ドバイ経由などもあったのですが、いろいろな事情を考えました)

6/14の段階で、航空券をGETしておきました。

僕は、多分かなり早く予約をしたんじゃないかと思います。

余裕を持っておいた方が絶対にいいです。早め早めに動きましょう。

f:id:teku2taku82:20161108201914j:plain

 

いろいろ面倒なことをお願いしましたが、

担当の男性(イケメン)が丁寧に対応してくださり、

相談に乗ってくださったので、いい予約ができたと思っています。

 

到着が4/6になっていますが、これから変更します。

あ、そうそう。これに関してアクシデントが。

ポルトガルのビザは、120日分しかもらえません。

いま僕が持っているビザは1月までなので、

4/6は「ビザがない期間」になってしまいます。

 

これが原因で成田空港で止められ、少し大変でした。

ANAのスタッフさんが機転を利かせて1月のチケットに変更してくれ、

なんとかその後 問題なくポルトガルまで来られましたが、

空港で慌てたくなければ、

帰りの飛行機の出発日は、

到着から120日以内にしておいた方が良いです。

(僕はこれを知らなかったので、少し苦労しました)

 

☆航空券予約のPoint!

1 必ず「FIX OPEN」のチケットで予約すること!

2 必ず「往復」で予約すること!

3 余裕を持って、3〜4ヶ月前には予約しておいた方がいい!

4 帰りの飛行機は「120日以内」出発の便にすること!

 

おまけ 経由地について

現地にいる友人に経由の空港を聞いてみました。

ポルトガルは直行便がないので、みんなどこかを経由します。

フランクフルトが圧倒的に多かったです(自分含む)。

スイス(ジュネーブなども、少数派ですが、いました。

 

航空会社はルフトハンザが多数派かと思いきや、僕だけでした 笑。

ANAJALがほとんどでしたね。日本の会社だと安心でしょう。

 

またまた長くなってしまいました?今日はここまで!

Até amanhã!

 

Takuya