読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Portugal 留学日誌。

ポルトガル・コインブラ大学に留学中の純ジャパ大学生が、ポルトガルの日常をつづっていきます。

茜色。

★★  ★★★ 

 

自分が旅行をするときは、

実際にその旅行をする前日までに、

どこの都市に行くかを確定させる

移動手段 / ホテルを確保する

・おおまかに何を見るか決めておく

・その情報をwordにまとめて印刷する

というのを必ずやっています。

 

僕はそれが普通だと思っていたのですが、

母親から「普通はそんなことはしない

と言われ、内心めっちゃ驚いています。

 

先日Minaちゃんと話していた際も、

旅行の計画をしっかり立てるんだね

と結構驚かれました(褒めてくれた?)。

 

少なくとも僕が取りまとめてきた

モロッコ・フランス・スイスの一人旅

あの「チーム・モンサント」の旅行、

計画中の「留学最後の旅行」については、

ほとんどの旅程を正確に把握しています。

 

主にお金と移動手段の整理するためですが、

この計画中が一番楽しかったりします 笑

面倒なことやるの、割と好きなのかな...笑

自分以外にやりたがるメンバー少ないような...笑

 

みんなに信頼してもらえているのか、

信頼に応えられているかはわかりませんが、

自分なりに頑張ります。よろしくね。

 

今日の(モロッコなう)は、

フェズからシャウエンに向かう日かな。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

前書きを久しぶりに書きました。

どうも、Takuyaです。

 

カルカッソンヌの記事を、

そろそろ完結させようかと思います。

 

 昨日のブログの最後に登場したこれ。

f:id:teku2taku82:20170503065206j:plain

当然川ではなく、

人工的な設備なわけですが...

 

しばらくするとこんなことに。

f:id:teku2taku82:20170503073822j:plain

ドヴァァァァァァ!!

すみません 笑

このときは突然何かと思いましたが、

わざと川の水位を上げているんですね。

 

しばらくするとこんな感じに。

f:id:teku2taku82:20170503073921j:plain

これで通れるようになりました。

段差のあるところを船で進む場合、

こうして水を増やす必要があるんですね。

 

クルージングはおよそ2時間。

途中カフェで30分ほど休憩もあり、

かなり快適なクルージングでした。 

f:id:teku2taku82:20170503074010j:plain

行かれる際は是非!

 

めちゃめちゃ美味しそう(失礼)

f:id:teku2taku82:20170503074014j:plain

鴨料理が好きになってしまったんです。

結構末期かもしれません 笑

 

さてさて。

18:00頃ですがこの明るさです。

とりあえずシテに戻りましょう。

f:id:teku2taku82:20170503074020j:plain

シテで撮影大会。

たまには自分の写真を(影)

f:id:teku2taku82:20170503074029j:plain

 

そういえば、シテの全景です。

こうして見ると、大きいですね...

f:id:teku2taku82:20170503074023j:plain

 

この間に夕飯を食べています。

 

20:30頃になり、ようやく日没です。

f:id:teku2taku82:20170503074028j:plain

この写真かなりお気に入りです。

 

パァァァァァァ!

f:id:teku2taku82:20170503074032j:plain

夕陽に照らされて、

幻想的な風景が見えました。

茜色の空」ってまさにこれでしょう。

 

シテの方も、

幻想的な雰囲気に変わっていきます。

Before

f:id:teku2taku82:20170503074035j:plain

After

f:id:teku2taku82:20170503074039j:plain

本当はもっと暗くなるまでみたかったんですが、

日中暑くて上着を持っておらずですね...

寒さに耐えきれず、泣く泣く帰りました...

 

おまけ

フランスのATMの中には、

稀に日本語表示されるものがある模様。

(結構びっくりしました)

f:id:teku2taku82:20170503074042j:plain

 

ホテルの話を書いていないので、

明日でカルカッソンヌ編を完結させます。

Até amanhã!

 

お読みくださりありがとうございました。

Takuya