Portugal 留学日誌。

「ポルトガル大好き」なTakuyaが、《ポルトガルでの思い出》や《日本での日常生活》について書いています。2016-17 Coimbra

ポルトガル、ここに誕生す。

★★   ☆☆☆☆☆☆☆

 

先日の授業後の帰り道、

地図を見て困っている方がいらっしゃって。

見た感じ(なんとなくですが)

日本人っぽいな〜」と感じたので、

試しに声をかけてみました。

 

結果的に日本人でした。

コインブラに来られる方は多いんですが、

あの道では初めて見たので少しびっくり。

 

先月もスイス旅行の帰り、

卒業旅行で来ていた日本人の方々に、

イチオシのレストランを紹介しました 笑

 

コミュ力、少しは上がったのかな。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

どうも、Takuyaです。

 

今日のブログから、

ギマランイス・ブラガ観光記に入ります。

と言っても、多分2本で完結します。

そろそろフランスの話を書きたいのです。

 

ギマランイスのバスターミナルから、

坂をのぼっていくことおよそ20分。 

f:id:teku2taku82:20170419072955j:plain

 

建物の雰囲気が変わってきます。

f:id:teku2taku82:20170419072517j:plain

この色使いが北部っぽいんです。

これまたいい感じの雰囲気ですよね。

 

大きな広場に到着しました。

車が多いことにびっくりです。

f:id:teku2taku82:20170419072519j:plain

 

そして安定のこれ。

AQUI NASCEU PORTUGAL

ポルトガル、ここに誕生す。

の看板です。

f:id:teku2taku82:20170419072523j:plain

ポルトガル感がすごいですよね 笑 

ここがそのように言われるのには理由があり、

ポルトガルの初代国王である

アフォンソ・エンリケ

(Afonso Henriques)

がここの出身だからなんですね。

 

ちなみに、こちらがアフォンソさんです。

f:id:teku2taku82:20170419072503j:plain

いさましい。

 

お腹がすいてきたので、

おしゃれなカフェに入ることに。f:id:teku2taku82:20170419072527j:plain

 

すごーく久しぶりに、

フランセジーニャをいただきました。

 

f:id:teku2taku82:20170419072628j:plain

ソースが特徴的な味でしたが、

今までで一番好きな味だったかも...!

かなり美味しいフランセジーニャでした。

 

実は現在 軽くダイエット中なのですが、

ダイエットは問題なく進んでいることが判明したので、

ときどきこういうものも食べようかな...笑

 

そして飲み物は赤ワイン

f:id:teku2taku82:20170419072627j:plain

Yuta氏の要望にお応えしました。

そういえばこれのお金あの方に払ってないような...

 

お腹が問題なく満たされたところで、

街を観光しに出ることにしました。

f:id:teku2taku82:20170419072531j:plain

きれいなガーデン。

 

 そしてお城に入ります。

f:id:teku2taku82:20170419072459j:plain

中世の雰囲気がありますね。

 

なにやら謎の音楽がかかっています。

楽しそうにおどっている人がいたり、

f:id:teku2taku82:20170419072502j:plain

パンを売っている人がいたり、

f:id:teku2taku82:20170419072507j:plain

ミツバチがいたり(怖い)。

f:id:teku2taku82:20170419072506j:plain

 

そしてこのあとは、

ギマランイス

(Castelo de Guimarães)

に登りに行く...

f:id:teku2taku82:20170419072511j:plain

はずだったのですが...

 

まさかのGREVE 泣

f:id:teku2taku82:20170419074259j:plain

要はストライキで、入れないと。

なんと残念な...

 

ポルトガルでは、

ちょくちょくストライキが起こりますが、

巻き込まれるのは初めてでした...

なんでよりによって... 残念です。

 

これはリベンジするしかないですね。

今度家族を連れてくることがあったら、

まずギマランイスに行こうと思います。

 

このあとブラガに向かいます。

明日のブログをお楽しみに〜!

 

ではでは、今日はこんなところで。 

Até amanhã!

 

お読みくださりありがとうございました。

Takuya